2016.12.15

【保存版】子どもと遊ぶならココ!2児のパパがオススメする、家族で行きたい沖縄の公園まとめ15選


park-eyecache

はいさいヒガシーサーです。今回は沖縄県内の無料で遊べる公園を紹介します。

沖縄県内の公園は設備が充実していて、子育て世代のご家族以外にも地域の方に愛されている公園が多いです。12月になっても半袖で過ごせる時期もある沖縄、真冬の時期も公園で遊べちゃうのは南国ならではの魅力ですよね。

筆者も子どもたちを連れてほぼ毎日公園に行きますが、今回は利用頻度と満足度の高い公園を体験談を記事にまとめていきます。沖縄の南から北へと順番にオススメ公園を紹介していきますので、ぜひぜひ参考にされてください。一気に15もの公園を紹介していきますよ〜!それではどうぞ!

 

1.豊見城市 豊崎にじ公園

nijikouen

沖縄県豊見城市豊崎地区にある公園。お尻が痛くならない滑り台、砂遊びができる砂場や、大型遊具が揃っています。また公園内には芝生の大広場や、テニスコート、スケートボードパークなどもあって小さいお子さん連れから、大人まで楽しめる公園です。

利用時間:8:00~22:00
住所:沖縄県豊見城市豊崎1-2(MAP

 

2.南風原町 宮城公園(みやぐすくこうえん)

miyagusuku

南風原町の宮城公園は「ゴーヤーの遊具」「モノレール」など沖縄らしさ満開の面白い公園です。男の子がテンションの上がるモノレールの乗り物があったり、大きな滑り台が設置されています。

住宅地も近くにあり、元の人達の散歩コースになっておりアットホームな雰囲気を感じることができるでしょう。滑り台付の遊具や、幼児向けの遊具コーナー、 野球なども出来る多目的広場などがあり、親子ではもちろん、年齢に関係なく誰でも楽しむ事ができるおすすめの公園です。

利用時間:7:00~22:00
住所:沖縄県島尻郡南風原町字宮城(MAP

 

3.那覇市 奥武山公園 あおぞらパーク

ounoyama

那覇市奥武山公園の中にあるナンジャムイ広場は、いま現在進行形で整備されている公園です。新しい遊具や高台に作られた遊具が子どもたちの冒険心をくすぐる仕組みになっています。

小さいお子さん専用の遊具もあり、お尻が痛くならない滑り台もありますが、階段上り降りが結構キツイ(笑)。子どもたちは大はしゃぎ。お父さん、お母さんたちは足腰にいい運動です。

土日は観光客も多く、平日の利用がねらい目です。

利用時間:9:00〜21:00
住所:沖縄県那覇市奥武山町52(MAP

 

4.浦添市 浦添大公園

urasoedaikouen

大きな滑り台が有名な浦添大公園。子どもたちに一度は経験させたいスリル満点のアスレチックです。もちろん小さいお子さん用の滑り台や遊具もありますよ。

上記は公園内の「ふれあい広場ゾーン」ですが、他にも「歴史学習ゾーン」「憩いの広場ゾーン」ががあり、車移動じゃなければ全てを回ることが出来ないくらい大きい公園となっています。ぜひ何回かにわけて、お子様と遊びにいってみてください。

利用時間:9:00〜21:00
住所:沖縄県浦添市伊祖2丁目115−1(MAP

 

5.宜野湾市 いこいの市民パーク

ikoinoshiminpark

住宅街、中古車通り(古い?)のど真ん中にこれだけ広い公園が・・・と驚きを隠せない宜野湾市いこいの市民パーク。公園内には噴水や水の流れる場所も多く、お花や木々も多いので癒やされます。

夏場でも木陰で休むことができるの、本当によく考えられて作られている公園です。

遊具は少なめですが、大型滑り台や、シーソー、安全なブランコがあり、バスケットコート、テニスコート、スケートボードパークなども公園内に設置されています。

いこいの市民パークの良いところは、それぞれが小さくエリア分けされているので、年齢層に合わせて遊ぶ場所を選べるのが素晴らしい。

利用時間:6:00〜22:00
住所:沖縄県宜野湾市神山1丁目6 宜野湾1丁目16−13(MAP

 

6.北中城村 沖縄県営中城公園(なかぐすくこうえん)

nakagusuku

子育て世代にとって1〜2位を争う人気の大型公園が「沖縄県営の中城公園」です。筆者も何回行ったか覚えていないくらい利用しています。

小さいお子さん連れでも気軽に遊べるエリア、砂遊びができるエリア、トランポリンなど大型遊具が設置されてるエリアなど目的ごとに遊具が分けられてるのがいいですね。

nakagusuku2

公園内には今後はキャンプができる場所も増えていくそうなので、ますます人気の公園になりそうですね。土日はとても混むので駐車場がいっぱいになりますが、公園内は広々としてるのであまり混雑を感じません。

利用時間:10:30〜17:00
住所:沖縄県中頭郡北中城村荻堂平田原370−2(MAP)

 

7.沖縄市 コザ公園アスレチック広場

kozapark

沖縄市コザ公園内に隣接する昔ながらの公園があります。小さいお子さんが気軽に遊べる遊具と、大人でも滑るのが怖いほどの大きな滑り台があります。

それから大きなアスレチック遊具も設置されていて、小さなお子さんから小学生、中学生でも楽しめる公園になっています。

ちなみに筆者はへっぴり腰で滑ってみました(笑)。

kozapark2

お尻が火事になったかと思うほどの摩擦力ですので、ズボンが破れないように気をつけてください。

利用時間:9:00〜22:00
住所:沖縄県沖縄市諸見里2丁目2−1(MAP

 

8.沖縄市 八重島公園

yaeshima

昔からある八重島公園はいまリニューアル真っ最中の新しい公園に生まれ変わっています。沖縄市民会館に隣接する遊具エリアと、北側に位置する遊具エリアがあります。

おすすめは北側の遊具エリア。家族全員で滑ることができる楽しいすべり台があるので、ぜひ家族で楽しんで欲しい遊具です。

平日、土日問わず家族連れが多いですが、とくにこのエリアでは外国人ファミリーが多いので、インターナショナルな雰囲気で楽しめます。筆者の子どもたちも外国人のお子さん達と平気で一緒に遊んでますから、子どもってすごいなーと感心します。

利用時間:24H
住所:沖縄県沖縄市八重島1丁目1 八重島1丁目1(MAP

 

9.沖縄市 沖縄県総合運動公園 かりゆし広場

kariyusipark

沖縄市の沖縄県総合運動公園は、いろんな遊びが体験できる貴重な場所。地元民には「県総(けんそう)」という愛称で呼ばれています。

遊具エリアは海側のエリアと、体育館側のエリアにあります。どちらもオススメですが、筆者はよく体育館側の公園を利用しています。かりゆし口駐車場からすぐに行けて、トイレも近い。遊具エリアも開放的な場所にあるのでとても気持ちがいい公園です。

また遊具に飽きたら自転車をレンタルもできるし、子どもたちはストライダー(ペダル無し自転車)を持参して散歩したりもできるので、のんびり1日コースで子どもたちと遊べる場所です。

鯉の餌やりも大好きな遊びの1つ(笑)。

利用時間:24H
住所:沖縄県沖縄市比屋根4丁目31−1(MAP

 

10.うるま市 伊波公園

ihapark

国道329沿いに出来た比較的新しい公園です。お尻が痛くならない大きな滑り台や、安全なブランコ、それに大型遊具も揃っています。

こちらもエリア的に外国人ファミリーが多く、とても楽しい公園です。駐車場の駐車台数が少なく、土日は混みますが、子どもたちを安全に遊ばせることができるのでとてもオススメ。トイレもキレイですよ。

利用時間:9:00〜18:00
住所: 沖縄県うるま市石川伊波(MAP

 

11.うるま市 昆布公園

konbupark

沖縄看護学校に隣接している小さな公園です。

小さなお子さん連れにオススメできる安全な公園で、芝生もキレイ。昆布地区の住民たちがキレイに手入れをしている公園です。

遊具は少ないですが小さな子どもたちが安全に遊べる大きさなので、大人はラクに見守ることができます。野球場やバスケットコートなどもあって夕方以降は小学生たちも増えて賑やかになります。

利用時間:24H
住所:沖縄県うるま市昆布 昆布1831−705Z(MAP

 

12.うるま市 与那城総合公園

yonashiro

うるま市与那城陸上競技場公園内にある公園エリアです。うるま市は海が近いのになぜか海に近い公園は与那城公園ぐらいしかありません。

潮風を感じながら遊べる場所はとても貴重です。

公園内にはブランコ、ロープタワー、大型滑り台などが設置されていて、新しくはありませんが楽しく遊べます。

利用時間:9:00~22:00
住所:沖縄県うるま市与那城中央(MAP)

 

13.読谷村 セーラの森公園

se-ra

読谷村の海が見渡せる場所に位置するセーラの森公園。これぞ沖縄!というロケーションで子どもたちを遊ばせることができます。

遊具は少ないですが、キレイな芝生が広がっていて、本当に気持ちのいい空間が広がっています。お弁当やサンドイッチを持参してのんびり過ごすのも楽しいでしょう。

小さなボールやソフト素材のフリスビーなどがあると、傾斜を利用して飽きずに遊ぶことができますよ。

利用時間:24H
住所:沖縄県中頭郡読谷村波平2056(MAP

 

14.恩納村 県民の森

kenminnomori

県民の森に行ったことはありますか?遊具がないのでイベントでもないかぎり訪れる人は少ないかもしれません。筆者も修学旅行以来の県民の森でしたが、沖縄では珍しい山遊びや散策を楽しめる公園です。

涼しくなってきた今の時期なら子どもたちと山道を散策するのも楽しいですよ。夏場はちょっとツライですが..(笑)。

遊具はありませんが、信じられないほど大量の木の積み木があるので、時間を忘れてひたすら積み木を楽しむことも出来ます。

利用時間:9:00~18:30(4月1日~8月31日)/9:00~17:30(9月1日~3月31日)
住所:沖縄県国頭郡恩納村安富祖2028(MAP

 

15.大宜味村 結の浜公園

大宜味村の埋立地に新しくできた結の浜公園があります。なかなか行く機会はありませんが、新しい公園らしい最新の遊具が沢山あります。

例えば、ジャンボトランポリン、ボルタリングやバランス登り棒など、エキサイティングなものばかりで、お父さんもテンションあがっちゃいます(笑)。

きじむなースマイルがトレードマークの公園、北部へのドライブへ行く際はぜひ立ち寄ってみてください。

利用時間:24H
住所:沖縄県国頭郡大宜味村塩屋 大宜味村塩屋1306ー5(MAP

 


気になる公園はありましたか?

本記事を執筆するにあたって、大小問わず沖縄の公園を取材しました。じつはこの記事にも掲載されていない公園はもっと色々あります。

そのなかで筆者が子どもたちと遊んで満足度が高かった公園。安全かつ清潔な公園のみをチョイスして記事にまとめています。

そのため記事には掲載できなかった公園や、皆さんが日頃から活用しているオススメの公園などがあれば、ぜひぜひフェイスブックで教えてください。沖縄は無料で遊べて安全な公園が多いかと思います。これからもマナーとルールを守って子どもたちと一緒に遊んでいきましょう。

ライター:ヒガシーサー(比嘉研仁)
ブログ:https://higashisa.com