NEW 2017.06.08

第三回:昼ビール|NO HOP, NO HOPE


昼ビール

日が落ちるのがめっきり遅くなり、
いよいよビールシーズン突入の予感漂う今日この頃。
そうなれば太陽と乾杯したくなるのがビール党の使命というもの。

という理由をつけて今回は贅沢に昼ビール。
夏、太陽、沖縄といえばゴーヤー(にがうり)ということで、
今回のお供は、ヘリオスブルワリーの『ゴーヤーDRY(ドライ)』をチョイス。

沖縄の作物を使ったビールを作りたいという思いから生まれたゴーヤーDRY。

爽やかなのどごしにほんのりとしたゴーヤーの苦みがフワッと香り、
ゴーヤーが苦手な方でもゴクゴク飲めるすっきり感が特長です。

100%沖縄県産ゴーヤーを使用した、沖縄ならではのユニークなビールですね。
取扱いがある沖縄ファミリーマート店舗もいくつかあるそうですよ。※1

(※1:2017年6月8日時点の情報です。)

タコじゃないよ、イカライス

そんなゴーヤーDRYに合うおすすめフードを発見!
その名は、イカライス!

タコじゃないよ、イカライス!!
タコライスにタコが入ってないように、イカライスにもイカは入っていません。

ゴーヤーDRYを並べてみます。
色味もなんとなく似てますね。見た目の相性もバツグンです。

名前の由来は、見た目も味もタコライスと対照的なとこ。

タコライスの色が黒っぽいのに対して、イカライスは白。
タコライスが豚や牛ひき肉を使用しているのに対して、イカライスは鶏肉。

タコライスのように味にパンチはないけど、
じわりボディーブローのように効く優しい味わい。

いうなれば、イカライスはタコライスの妹分といったところでしょうか。

さて、気になるお味は・・・

グリーンカレーをベースに秘伝のスパイスで味付けした鶏ひき肉「イカミート」が、
ほんのりした甘みを感じる絶妙な辛さでクセになる味わい。

さらに、濃厚チェダーチーズと一緒に食べれば、やみつき度120%。

もう飲まずにはいられませんっ!!

特にこのゴーヤーDRYのほんのりとしたゴーヤーの苦みが、イカライスの甘みを引き立て旨味を増幅!!

まるで監督が選手の才能を引き出すように、シャイで控えめなイカライスの隠れた才能をゴーヤーDRYが引き出してくれているかのようです。

ま~さん(delicious)!

そんなイカライスですが、お気づきかもしれませんがわたくし池城が考案し提供させていただいております。(今年4月まで浦添市産業支援センター内で店舗を構えていましたが、現在は業務拡大へ向けた移転作業のため休業中)

実はイカライス開発当初から、地元密着の沖縄ファミマさんに商品化してもらうと壮大な野望を抱いていたのです!そしてついに今、沖縄ファミリーマートと我がイカライスが結びついたのです!!(すみません、勝手に無理やり結びつけました)

目指せ、沖縄ファミマ弁当デビュー!!!?
(どうですか沖縄ファミマさん??)

ちなみに、AKB選抜総選挙週刊ファミマガ独占インタビューで知ったのですが、
AKB48の加藤玲奈さんは沖縄ファミマの「チーズ野菜のタコライス弁当」に興味があるらしいです。

加藤さん、イカライス、イカがすか~?

ふと時計に目をやれば、まだPM3時。
ちょっとした後ろめたさがそうさせているのか知らないが、
やはり明るい時に飲むビールは格別だ。

NO HOP, NO HOPE.
太陽に乾杯。


(※お酒は20歳になってから)


ファミマップ

池城 安司

- Yasushi Ikeshiro

Product Produce & Design 4kake 代表
イギリス留学と欧州周遊の旅でビールの多様性に触れビールへのロマンが芽生える。帰国後、まずは沖縄ならではの経験をとのおもいで普天間の紅型工房でお手伝いとして紅型制作に従事。約1年後、りゅうぎん紅型コンクールに出品させていただくも入賞を逃し、それを機に撤退を決意。その後7年間、コピーライター、CMプランナーとして県内広告代理店に勤務。2015年「仕事は自分でつくるもの」を座右の銘に掲げ個人事務所 Product Produce & Design 4kakeを立ち上げ。これまでに浦添のイカライスベンダーをはじめ、ヒージャージルーのLINEスタンプ、沖縄の赤瓦屋根をデザインした「島ぼうし」、沖縄の主要な街をデザインしたTシャツブランド「MAPs OKINAWA」などをプロデュース。只今ビールを猛勉強中。

関連する記事